卒業論文

2019年度
  • 王琦   :チャイナタウンの形―長崎唐人屋敷、横浜中華街、池袋チャイナタウンの空間構造、変遷と連続性―
  • 小濵まほろ:飛行機械の発着場としての「空港」の変遷と旅客ターミナル設計における未来の考察
  • 但馬浩介 :大分県医師会館(1960)の増築の方法に関する研究
  • 月森十色 :デザインの変化をもたらす技術的要因の考察―シェーカー家具デザインを対象として―
  • 藤本秦平 :大都市江戸東京における「縁」の固有性の解明―谷中・湯島を通して―
  • 栗山亮  :東西交通と集落持続の関係性―伊豆半島駿河湾岸部の漁村を事例として―
  • 東野友紀 :シラヲイから白老への変遷と連続性―北海道をかたちづくるアイヌの集落―
  • 山下穂高 :ウィリアム・ロビンソンの造園理論と展開―「野生」と「整形」の対立をとおして―
  • 岩井亮  :シェムリアップ歴史地区の路地空間の特性と展望
  • 杉本功太 :クメール寺院の隅建物編年考察―バイヨン期を中心とした伽藍変遷解明への試論―
  • 種田駿  :バイヨン寺院尊顔塔の立面計画―3Dモデルを用いた寸法分析と造営計画に関する一考察―
  • 内田鞠乃 :建造物保存修復における技術の継承―建造物彩色技術と日光社寺文化財保存会の歴史・活動を通して―
  • 嶋田由樹菜:江戸との相関性から見る吉原の形成
  • 森田歩  :民家における大黒柱の研究―近畿の民家の大黒柱調査を通して―
  • 山下耕生 :織田有楽の実像―思想と意匠の源、その波及―
  • 原田佳典 :王大閎に見る台湾建築の工業化と表現
  • 宮嶋雛衣 :佐藤功一の住宅教育の理念とその背景―早稲田大学における住宅教育の視点から―
  • 志智優奈 :日本におけるマスジドのの役割―マスジド大塚の空間利用を通して―
  • 河合七海 :人と木工具の相互関係―ドイツの木工具の形成と発展を通して―
  • 水野結唯 :ラムセス3世葬祭神殿における空間の構築―軸との関係から考察する空間構成と浮彫の方向性―
2018年度
  • 早川実尋 :保全に向けたショップハウスの位置付けと再評価-シェムリアップ歴史地区を例として-
  • 川島真輝 :六大巡幸に見る明治前期民衆の天皇像
  • 鈴木勝大 :光明皇后の思想の建築的反映について-法華寺と国分尼寺の比較を通して-
  • 豊永早織 :平安時代の女性と空間-女性文学からみる空間への認識-
  • 大濱輝  :長崎と天草地方におけるキリシタン集落にみるコミュニティについての研究
  • 大山芽衣 :シェードを重ねる手法の起源と建築空間にもたらす効果
  • 海津隼人 :20世紀スウェーデンにおける E.G.アスプルンドの社会的取り組み-クララスクールと初期作品の分析を通して-
  • 喜久里尚人:戦後沖縄建築に見られる花ブロックの起源と発展についての考察
  • 中込理沙 :私設美術館の構成に関する一考察
  • 秋田修宏 :フェニキア植民都市-Temple1の再利用の考察-
  • 高瀬道乃 :現代社会における「芸術」のあり方-ルネサンス芸術の社会学的分析を通して-
  • 前田恵里 :礼拝空間における神聖性-モスク建築に施される星型図形装飾を例にして-
2017年度
  • 檀原江  :フライングパレスと祠堂との関係-サンボー・プレイ・クック遺跡群を事例として-
  • 小野緋呂美:江戸大崎蔵における保存行為と文化の形成
  • 亀田康平 :「善光寺造営図」に見る建築割図の製作背景に関する研究
  • 小林達彦 :旅日記から見る近世東海道宿場町
  • 秦思嘉  :黄檗宗建築と宋・清時代の斗栱制度の比較研究
  • 落合悠斗 :吉川清作の生涯と作品-特に合理派建築会結成に際して果たした役割について-
  • 連卓也  :演出家と劇場建築の関係 -新劇場建築案に見るVsevolod Meyerholdの劇場空間理念の反映を通して-
  • 竹田福太朗:宮脇檀の混構造
  • 後藤英里佳:古代ギリシア神殿の彫刻に見る美的思想と自然観察
  • 平田将大 :マニエリスムの誕生-建築家ブラマンテの画家時代を通して-
  • 前田康記 :近代移行期の英国における修道院廃墟の性質についての研究
2016年度
  • 張業霞  :ミクロネシア・ナンマドール遺跡の研究
  • 石井由佳 :Phnom Kulenの特異性にみる聖山文脈の変化
  • 大和祐也 :山口文象における「若尾邸」の研究
  • 岡和輝  :尾張造とそれを構成する建築の変遷
  • 関根康季 :日本中世におけるサロン的空間の研究−中世芸能にみる美意識と義教室町殿会所群の復元案−
  • 重光悠希 :香港都市九龍における空間連鎖性
  • 添田菜月 :日向神話における聖地と神話の関係−神話に見る場所性について−
  • 萩原安寿 :技法から読み解く秋篠寺本堂の復古理念
  • 服部亘  :英国貴族を通して見るモダニズム期におけるエドワーディアン・バロックという現象
  • 古山咲樹 :中世水軍における拠点施設の意義
  • 宮﨑瑶希 :Neak Peanの配置計画の方法についての研究
  • 安井裕紀 :近代的保存理念の成立と応用に関する思想的考察
2015年度
  • 一岡洋佑 :仏領期ベトナム「フエ整備拡張計画」に関する研究
  • 尾上千尋 :ショップハウスの起源からみるシェムリアップ地域の特色と増改築における考察
  • 金子達哉 :クメール遺跡における木造架構屋根の編年分析
  • 亀岡暉斗 :日本における懸魚の形態について
  • 小杉玲奈 :幕末明治初期における都市スラムコミュニティ研究−四谷鮫河橋を事例として−
  • 佐々木奏子:18-19世紀パリの音楽サロン空間
  • 瀬尾翔  :古代集落の境界表現における精神論
  • 髙橋泉美 :クメール寺院伽藍における回廊空間の構成原理
  • 成井至  :アンコール・トム都城における計画意図の分析
  • 真下響  :伊予の国三城にみる藤堂高虎の築城術
  • 室岡岳志 :洋館建築に見る鎌倉の特徴
  • 森田瑞葵 :角屋にみる揚屋建築の空間成立の要素